安定ヨウ素剤を準備できました。

ヨウ素剤は、平時にこそ、準備しておきましょう

 特に、お子さんがいるご家庭では、万が一の原発事故の際に備えて安定ヨウ素剤を備蓄しておくことをオススメします。それほど、驚くほどの価格でもありませんでした。

 

ヨウ素剤は、そこらでは売っていませんが、今では、ネットの個人輸入で入手可能です。
個人輸入代行のお店として、くすりエクスプレスさんと、オオサカ堂さん、をご紹介します。

 

 どちらも、お薬の個人輸入代行のお店として、実績あるお店で、ワタクシ、いつも、育毛剤などでお世話になっています。なかなか入手しずらい安定ヨウ素剤もこちらで購入することができます。

薬通販、個人輸入のくすりエクスプレス     

くすりエクスプレス       オオサカ堂

 

 

なぜ、ヨウ素剤が必要か?

 ヨウ素は、人体の必須元素で、体内に存在するヨウ素のほとんどが甲状腺に存在し、甲状腺ホルモンであるチロキシンとトリヨードチロニンをつくり出します。これらは交感神経を刺激して、たんぱく質・糖質・脂質の代謝を高めることにより、基礎代謝を発育を促します。

 

 原発事故の際、放射性ヨウ素が放出されると、若年者、特に、成長段階の子供の場合、その放射性ヨウ素を甲状腺に取り込んでしまうため、事故発生すぐに、安定ヨウ素剤を服用、先にヨウ素で一杯の状態にしてしまい、放射性ヨウ素を取りこまないようにすることができます。 放射性ヨウ素を取り込むと甲状腺ガンを引き起こす可能性が高いとされています。なお、40歳以上の方は服用しなくても問題なし、とされてきましたが、最近では、40才以上の方にも服用を推奨されています

 

 自治体がヨウ素剤を保有しているらしいのですが、原発事故発生と同時に、自治体がそんなに早くヨウ素剤を各家庭に配るとは思えないです。どうしたって、配布が遅れるはずです。 自分で持っておけば安心ですね。

 

 

下記から、安定ヨウ素剤の詳しい資料へのリンクがあります。
 ヨウ素剤情報

 

 

安定ヨウ素剤

 ポタジウムアイオダイド(Potassium Iodide)は、甲状腺内に一定のヨウ素量を確保したい時に使用するヨウ化カリウム(安定ヨウ素剤)です。 甲状腺腫、また、放射性ヨウ素による内部被ばく時に服用すると、放射性ヨウ素が体内に取り込まれるのを抑え、甲状腺への放射線被ばくを阻止・低減させる効果があります。

 

※※被ばく直前・直後の服用が重要です※※
 放射線内部被ばくの緊急使用においての放射性ヨウ素の甲状腺への集積抑制率は、被ばく前24時間以内は90%で、その後、被ばく直前・直後の服用が効果が最大の90%以上となり、被ばく後8時間以内で40%、24時間以内であれば7%の抑制効果があります。

 

 なお、ヨウ素剤を、長期に渡って服用すると、甲状腺機能に障害をもたらすので、10日以内の使用にとどめる必要があります。

 

錠剤タイプ

くすりエクスプレス

オオサカ堂

ヨウ化カリウム(安定ヨウ素剤)

ヨウ化カリウム(安定ヨウ素剤)

↑上のリンクから購入ができます。

¥6,380

130mg 30錠

メーカー : Tiofarma

 

※1錠の価格 ¥6,380÷30錠 ≒ 213円/錠
  成人1人 1錠/日
    → 213円/錠 × 1錠/日 = 213円/日 //

 

¥2,798

32.5mg 120錠

メーカー : SourceNaturals (ソースナチュラルズ社)

 

※1錠の価格 ¥2,798÷120錠 ≒ 23円/錠
  成人1人 4錠/日
    → 23円/錠 × 4錠/日 = 92円/日 //

 

 

くすりエクスプレスさんとオオサカ堂さんで、錠数が違いますが、ヨウ化カリウムの成分量を考慮すると、どちらも同じようなお値段であることがわかります。

 

 

ヨウ素剤を買ってみた。

 

 

 

溶液タイプ

Collosol Iodine Oral Solution(コロソイルアイオダインソリューション)は、この甲状腺ホルモンの形成に必要なヨウ素を含有したコロイド状ヨウ素製剤(安定ヨウ素液剤)です。 液体なので、乳幼児にも飲ませられます。

コロイド状ヨウ素は、抗ガン剤や抗ウィルス剤、甲状腺治療に活用され、また放射線の内部被ばくによる甲状腺ガンの予防としてとして推奨される安定ヨウ素の液体製剤です。1本に160mgのヨウ素が含まれています。

 

コロソルアイオダインソリューション
(Collosol Iodine Oral Solution)

 

 ← 以下のリンクから購入ができます。

 

 

放射性セシウムの対外排泄のお薬

ラディオガルダーゼ(Radiogardase)は放射性セシウムによる体内汚染を軽減するお薬です。放射性セシウムの対外排泄を促進することにより、生物学的半減期を約1/3に短縮させ、内部被ばくが原因で起こる骨髄抑制などの急性放射線症候群のリスクを低下できます。
セシウムを体内から除去する薬は今のところこのラディオガルダーゼしかありません日本では放射線医学総合研究所だけがこの商品を備蓄・取扱いしています。
 吸収されたセシウムは、2日以内に約10%が腎排泄されますが、大部分は腸肝循環を受けて体内に長期にわたり貯留するといわれており、内部被曝線量に応じて、骨髄、皮膚、消化管、中枢神経、心臓血管等の障害をもたらします。

 

ラディオガルダーゼ(Radiogardase)500mg

 

↓ 以下のリンクから購入ができます。

 

 

 

放射線量

気になる、放射線量を調べることができます。
<日本> ( http://new.atmc.jp/ 様 )

 

福島県放射能測定マップ

 

 

 

 

今は、便利に放射線量を測定できるガイガーカウンターが、安価に、販売されています。